Category Archives: 精子

精子の状態を病院で細かく調べてみる

自分の精子の状態を確かめるための方法として、病院で精子の詳細を検査してもらう方法があります。

病院であれば、細かく多角的に精子の状態を調べてもらうことができるようになっていますから、精子が正常なのか、どれくらいの活動量なのかなどを確認することもできるようになっています。
また精子の量についても調べてもらうことができるため、無精子症などになっていないかも分かるようになっています。
ですから、結婚をしている男性だけではなく、結婚を真剣に考えていて、自分は子供を作れるのかを調べるために、検査を受けている男性も結構多いです。

病院で精子を調べてもらう場合、泌尿器科で診察を受けることになります。
病院だと人目が気になってしまうと思ってしまう人もいるかと思いますが、プライバシーは守られており、外部に精子の検査を受けたということが知られてしまう心配はありません。

また、容器に精子を入れて、病院に持って行って調べてもらうこともできるようになっています。
ただし、容器に入れて提出をする場合、射精後2時間程度で病院に持っていくようにしなくてはなりません。

また、精子を病院で調べてもらう際には、自慰行為や性行為は1週間は行わないようにするという注意点を守るようにしてください。

精子検査薬を使って定期的に調べてみよう

病院で自分の精子を調べてもらいたいという人もいると思いますが、調べてもらいたくても仕事で都合がつかなくて、病院に行くことができないという人もいるでしょう。
また、精子を検査してもらいたいけど、病院で知っている人に見られたらどうしようと思っている人もいるでしょう。

では、まずは自分で精子検査薬を使って精子について調べてみてはいかがでしょうか?
精子検査薬を使うことによって自宅で誰にも見られることなく精子を調べることができます。

精子検査薬を利用することによって、妊娠が可能かどうかが陽性・陰性で分かるようになっています。
また、精子検査キットであれば、レンズを使って、精子の量や運動率を調べることもできるようになっています。

但し、精子検査薬や精子検査キットというのは、精子の状態をある程度調べたり、妊娠可能かどうかを調べるためだけのものとなっており、もっと詳しいことを知ったり、健康体な精子なのかを調べるためには、やはり泌尿器科や産婦人科の病院で検査を受けなくてはなりません。

ですから、陰性反応になったり、精子量が少ないというのであれば、より詳しいことを調べるために、病院にいくようにしたほうが良いでしょう。

空気に触れさせない精子の寿命が短くならないように性交渉をする

精子というのは、寿命が存在しています。
精子はどれくらいの寿命になっているのかについてですが、人間の寿命も人によって違っているのと同じように、精子の寿命も人によって違っています。

精子の健康状態や年齢などによっては寿命が1日になっていて、卵子にたどり着く前に死んでしまうということもあります。
平均すると精子は、3日から7日前後の寿命になっています。

なお、空気に触れてしまうと、精液が乾燥し始めてしまい、精液の中にある精子も活動をすることができなくなってしまいます。
ですから、受精をさせたいと考えているのであれば、なるべく空気に触れさせないようにしていく必要があるでしょう。

また、男性の精子というのは、35歳前後からだんだん運動量や数が減ってきて、質が悪くなっていきます。
そして、精子の寿命も短くなっていきますから、少しでも精子の質が悪くなったり、寿命が短くならないように、普段から食事や運動に気を付けるようにして対策をしておいたほうがいいでしょう。

精子が卵子にたどり着くまでに数日程度は要することになります。
ですから、排卵日や精子の寿命なども考えて、性交渉をするようにしたほうが、妊娠をする確率を高めることができるでしょう。

アルバイト感覚で精子バンクの病気や遺伝子検査

精子の状態を知るというよりも、精子を検査してもらって、病気などになっていないかを調べるための方法として、精子バンクを利用するという方法があります。

精子バンクというのは、不妊になっている夫婦が子供を授かるために利用したり、子どもは授かりたいけど結婚はしたくないという女性が利用しています。
精子バンクでは、精子ドナーから提供された精子を使って受精をしていくことを目指すのですが、精子ドナーの精子を調べて、病気などに感染をしていないかを調べてから、提供をします。
ですから、精子バンクのドナーになることで、HIVや梅毒などの病気になっていないかを調べたり、遺伝子を調べて異常はないかを知ることができるようになっているのです。

病院に行って調べるのは抵抗があるということで、精子バンクで病気や遺伝子を調べてもらうという人が若い男性を中心に増えていっています。
そのため、現在のところ、精子バンクの精子ドナーの6割前後は大学生くらいの男性ということも調査で分かっています。
自分の精子を調べたいという理由も大きいとは思いますが、精子ドナーとして精子を提供することで報酬をもらうことも可能です。
だから、大学生を中心にアルバイト感覚で精子バンクで精子の検査をしてもらっているのではないでしょうか。

沖縄 ソープ

質を高めるには精子の生成量を増やしストレスを発散

精子の質を高めたいと思っているのであれば、運動をして体を動かすことも大切です。

精子の運動量が低かったり、精子があまり作られない原因として、運動不足も一因になっているのです。
運動不足で下半身が鈍ってしまっていると、生殖器の活動も弱くなってしまいます。

また、ホルモンバランスも崩れやすく、血行も悪くなってしまうため、質の悪い精子が作られやすくなってしまいやすいのです。

そのため、運動をするのが良いわけですが、疲労がたまってしまうような運動は避けなくてはなりません。
疲労が溜まってしまうと、いざ性交渉をするときに、疲れてしまって勃起しにくくなってしまうということだってあります。

オススメの運動は、ウォーキングや水泳、スクワットなどのように下半身を動かす有酸素運動です。
ゆっくりと負担をかけない有酸素運動をすることで、下半身を鍛えて、運動率の高い生氏を作り出すことができるようになります。
また、有酸素運動をすることによって、ストレスを発散させられるようになり、男性ホルモンを増加させて、精子の生成量を増やしやすくすることもできるのです。

運動をするのであれば、1週間に最低でも2日~3日、そして1日当たり20分以上を目安に実践するようにしてください。

食事で質のいい精子を作ろう

精子の質が高いほうが、精子の活動も活発になりますし、受精する確率も高くなります。

子どもが欲しい、不妊をどうにかしたいのであれば、いい精子を作るためにも、精子にいいとされている栄養素を食事から摂取するようにしたほうがいいのです。

その良い精子を作るために役立つ栄養素というのは、いくつかあります。

まず亜鉛です。

亜鉛というのは、アーモンドや小魚、牡蠣、しいたけ、レバーなどに多く含まれている栄養素です。
亜鉛を積極的に摂取することによって、精子の運動量を高めることができるようになるだけではなく、生殖器の活動を活発にすることができます。
これによって、精子の活動が活発になるだけではなく、精子の量を増やしていくことも可能です。

二つ目に挙げられるのは、セレンという栄養素です。

セレンは、アサリや胡麻、しらす、レバー、玄米、カツオなどに含まれています。
普段からセレンを摂取することによって、精子量や精子の運動率を高めやすくすることができます。
反対にセレンが少ない状態になると、精子も少なくなってしまいますし、運動率も下がってしまうため、妊娠しにくくなってしまいます。

そして最後にビタミンEです。

ビタミンEはきな粉やきくらげ、大豆、卵等に多く含まれています。
ビタミンEというのは、男性ホルモンを分泌するための原料になっています。
男性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、精子も活発に作られなくなってしまいます。