精子の状態を知るというよりも、精子を検査してもらって、病気などになっていないかを調べるための方法として、精子バンクを利用するという方法があります。

精子バンクというのは、不妊になっている夫婦が子供を授かるために利用したり、子どもは授かりたいけど結婚はしたくないという女性が利用しています。
精子バンクでは、精子ドナーから提供された精子を使って受精をしていくことを目指すのですが、精子ドナーの精子を調べて、病気などに感染をしていないかを調べてから、提供をします。
ですから、精子バンクのドナーになることで、HIVや梅毒などの病気になっていないかを調べたり、遺伝子を調べて異常はないかを知ることができるようになっているのです。

病院に行って調べるのは抵抗があるということで、精子バンクで病気や遺伝子を調べてもらうという人が若い男性を中心に増えていっています。
そのため、現在のところ、精子バンクの精子ドナーの6割前後は大学生くらいの男性ということも調査で分かっています。
自分の精子を調べたいという理由も大きいとは思いますが、精子ドナーとして精子を提供することで報酬をもらうことも可能です。
だから、大学生を中心にアルバイト感覚で精子バンクで精子の検査をしてもらっているのではないでしょうか。

沖縄 ソープ