自分の精子の状態を確かめるための方法として、病院で精子の詳細を検査してもらう方法があります。

病院であれば、細かく多角的に精子の状態を調べてもらうことができるようになっていますから、精子が正常なのか、どれくらいの活動量なのかなどを確認することもできるようになっています。
また精子の量についても調べてもらうことができるため、無精子症などになっていないかも分かるようになっています。
ですから、結婚をしている男性だけではなく、結婚を真剣に考えていて、自分は子供を作れるのかを調べるために、検査を受けている男性も結構多いです。

病院で精子を調べてもらう場合、泌尿器科で診察を受けることになります。
病院だと人目が気になってしまうと思ってしまう人もいるかと思いますが、プライバシーは守られており、外部に精子の検査を受けたということが知られてしまう心配はありません。

また、容器に精子を入れて、病院に持って行って調べてもらうこともできるようになっています。
ただし、容器に入れて提出をする場合、射精後2時間程度で病院に持っていくようにしなくてはなりません。

また、精子を病院で調べてもらう際には、自慰行為や性行為は1週間は行わないようにするという注意点を守るようにしてください。