精子の質を高めたいと思っているのであれば、運動をして体を動かすことも大切です。

精子の運動量が低かったり、精子があまり作られない原因として、運動不足も一因になっているのです。
運動不足で下半身が鈍ってしまっていると、生殖器の活動も弱くなってしまいます。

また、ホルモンバランスも崩れやすく、血行も悪くなってしまうため、質の悪い精子が作られやすくなってしまいやすいのです。

そのため、運動をするのが良いわけですが、疲労がたまってしまうような運動は避けなくてはなりません。
疲労が溜まってしまうと、いざ性交渉をするときに、疲れてしまって勃起しにくくなってしまうということだってあります。

オススメの運動は、ウォーキングや水泳、スクワットなどのように下半身を動かす有酸素運動です。
ゆっくりと負担をかけない有酸素運動をすることで、下半身を鍛えて、運動率の高い生氏を作り出すことができるようになります。
また、有酸素運動をすることによって、ストレスを発散させられるようになり、男性ホルモンを増加させて、精子の生成量を増やしやすくすることもできるのです。

運動をするのであれば、1週間に最低でも2日~3日、そして1日当たり20分以上を目安に実践するようにしてください。